カブトムシの飼育を屋外でするなら気を付けるべき5つのポイントとは?

この記事は3分で読めます

『嫌ッ!絶対に嫌ッ!』


どれだけ、コバエ対策をしても
消臭用の土を使用しても
嫁が反対すれば、


カブトムシを家の中で飼育することはできません(-_-;)




ちなみに、コバエ対策についてはこちら

カブトムシを飼育するならコバエ対策は必須ですか?

土についてはこちら

カブトムシの飼い方!土ってどんなのがおすすめですか?




でも、子供たちもカブトムシを飼育したがるし・・・


嫁と子供の板挟みになった僕が考えた末、
思いついたのが、
カブトムシを屋外で飼育する

ということでした。
IMG_9654


そもそも、カブトムシは
屋外で生活している昆虫なので、
屋外で飼育することに何ら問題はないはず!?



そう思っていませんか?


僕も最初はそんな風に思っていました。


でも、実は・・・



カブトムシの飼育を屋外でするなら
気を付けなければいけないことが
5つもあるんですよ!


今回は、そんな
カブトムシの飼育を屋外でするなら
気を付けるべき5つのポイントについて


解説していきたいと思います。

スポンサードリンク


夏の昆虫のくせに・・・



カブトムシと言えば、
連想するのはやっぱり
夏ですよね。


でも、
カブトムシって意外と
暑さがダメなのです!


意外!
って思われるかもしれませんが、

確かによく考えてみると、
カブトムシって、
涼しくなる早朝か夜じゃないと
木にとまっている姿ってあんまり見ないですよね。



それくらいカブトムシって、
暑さが苦手なのです(笑)

気温でいうと、
35℃くらいまでが限界です。



なので、
カブトムシの飼育を屋外でするなら、
あまり日が当たらず、
気温が上がらない日陰など飼育することが大切

です。
IMG_9522



凍らせないように



夏の間は、心配する必要はまったくありませんが、
冬の期間、
屋外でカブトムシ(と言っても幼虫ですが、)を飼育する場合は、
土が凍らないように気を付ける必要があります。



土が凍ると、
幼虫や卵も凍ってしまいます。
せっかく産卵させたのに、全滅してしまいます。


そのため、
冬場に、屋外で飼育する場合は、
発泡スチロールなどにケースを入れておく
のがおすすめです。


また、空気穴は必要なく
1週間に一度くらい、発泡スチロールの蓋を開け
換気するだけで大丈夫です。






雨対策を・・・



カブトムシを屋外で飼育するなら
雨のかからない場所で飼育するようにしてください。



カブトムシが雨に弱いというよりも、
雨により、
土が必要以上に濡れると
びしょびしょになります。


そうなると、カブトムシも生活しづらくなりますよね。

また
最悪な状態になると、土がカビたり、腐ってしまいます。
こうなると、カブトムシの生態にも問題が出てきますので、
雨のかからない場所で飼育する
もしくは、雨がかからないように対策が必要です。

IMG_9653
ちなみに、
僕は、こんな感じで
使っていない犬小屋の中で飼育しています(笑)



猫やイタチにはご用心!



カブトムシを屋外で飼育する際の一番のトラブルは
動物かも
しれません。


特に、猫やイタチ、鳥といった小動物は
悪戯するだけでなく、
カブトムシを食べてしまう恐れもあります。


大切なカブトムシを守るためにも、
屋外で飼育する場合は、
飼育ケースの蓋などが簡単に開かないように
工夫することが必要

です。

また、カブトムシ自身が蓋を開けてしまうこともありますので
蓋対策はしっかりとしておく必要があります。


お勧めの飼育ケースについてはこちらをどうぞ

教えて!カブトムシの飼い方!ケースはどんなのがいいの?



忘れないで(-_-;)



最後に、
カブトムシを屋外で飼育する場合の最も起りやすい問題は、
カブトムシを飼育していることを忘れてしまう
ということです。


そんな奴おらんやろう~
って思われるかもしれませんが、
意外と多いでのです(笑)


どうしても、目の届かない屋外に
飼育ケースがあるために、
えさをあげることを忘れたり、
土の乾燥を気にかけるのを忘れたり、
最悪は、カブトムシの存在自体を忘れたり・・・(笑)


そんなことが無いように

『カブトムシを飼育しているのだ』

ということを忘れないようにして
気にかけてあげることが大切です。




まとめ



もう一度、
カブトムシの飼育を屋外でする場合の
気を付けるべき5つのポイントをまとめる



1. 日陰で飼育する
2. 凍らないように気を付ける
3. 雨のかからない場所で飼育する
4. 猫などに悪戯されないように気を付ける
5. 忘れないようにする




以上、5つがポイントです。


ちょっと休憩~ムシ雑学~

将来は虫を食べる国がどんどん増えていくらしい。その理由とメリットとは?


カブトムシを屋外で飼育するメリットは
臭いやコバエがそんなに気にせずに飼育できるので
嫁やカブトムシが嫌いな人と同居していても
気にせずに飼育できるということです。


ただし、屋外で飼育する場合は、
上記のような気を付けておくべきポイントもあります。


しっかりと、押さえるべきところは押さえて
カブトムシを楽しく飼育しましょう。


嫁も屋外で飼育する分には
なんとか納得してくれました(笑)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_9502[1]
  2. IMG_9312
  3. IMG_9313
  4. IMG_9514
  5. 20170306_213145
  6. IMG_9508

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

tomoaba

トモです。


家族みんなで冒険しませんか?

⇒ 詳しいプロフィールはコチラ

夏はやっぱり水遊び!

ディズニーリゾート行くなら情報が命!

男なら黙ってプロテイン&筋トレ!

カブトムシ特集!

ゴールデンボンバーの記事はここだよ~

今年こそは奈良で紅葉がおすすめ

IMG_4064
↓  ↓  ↓
奈良の紅葉特集はこちら

USJ関連記事はここ!

IMG_2168
↓  ↓  ↓
USJに関する情報はこちら