肝臓の数値が異様に高いのだが、何が原因なの?

この記事は4分で読めます

精密検査を受けてください


それが、僕が受けた健康診断の結果でした・・・。
IMG_8276

精密検査を受けなければならない原因は、
肝臓の数値の異常です。
ALT(GPT)が119UI/Lと
正常値よりもかなり高い数値を出していたから
です。
IMG_8277

ちなみに、ALT(GPT)の正常値は
40UI/Lです。

つまり、正常値よりも約3倍高い数値となっていたのです。


確かに、最近は、運動することも減り、
その代わり、体重が少し増えているなぁとは思ったり、


久しぶりに会う人達からは、

『ちょっと太ったんちゃうん?』

なんて言われたりもしていたのですが、
まさかそんなことになっているとは思いませんでした。



現に僕は、この健康診断の結果が返ってきた時も
たまたまの数値だろうと放置していたんですよね。


でも、偶然、ほかの病院で血液検査を受けていて、
その結果を最近、聞きにいったところ、
やはりALT(GPT)は112UI/Lという高い数値を示していたのです。

IMG_8278





ここで、僕は、やっと危機感が出てきたのです。


マジで、なんかやばい病気なのかもしれない・・・
もし、死ぬような病気だったらどうしよう・・・




そんな不安や恐れが頭の中をグルグルと駆け巡りました。

そこで、ネットで
肝臓の数値が高い原因を調べてみました。



そこで、出てきた肝臓の数値が高くなる原因は
以下のようなものでした。




肝臓の数値が高い原因は?




肝臓の数値が高くなるということは、
肝臓に何か問題が起こっているということです。


つまり、なにか肝臓の病気が発病している可能性が高いということです。


そして、調べて出てきた主な病気がこれらでした。

・脂肪肝
・肝炎(慢性・B型・C型・ウイルス性など)
・肝硬変
・肝臓がん



うーん、名前を見るだけでも
ライトな感じの病気ってないんですよね。

ほとんどが、マジでやばい病名ばかりでした。

肝硬変の症状についての詳細はこちら

肝硬変の症状が出れば治療は出来ない!だからこそ今やるべきだと自分に言い聞かせた!


問題は、これらの病気の中で
一体僕の病気は何になるのか?

ということが、一番重要になってくるのですが、
肝臓の数値には、何種類かあって、
その数値の異常により、病気を選別していける
のです。



ここで、少し肝臓の数値の見方を説明しておきますね。



ALT(GPT)とは・・・?



ALT(GPT)
とは、ほとんどが肝臓に存在する酵素です。
酵素の役割などについては、割愛しますが、

ALT(GPT)は普通は、肝臓に存在しているのですが、
肝臓がダメージを受けると、肝臓からその酵素が飛び出し、
血液中に流れます。


つまり、血液検査などで、ALT(GPT)の数値が高いということは、
肝臓が痛み、そこから、ALT(GPT)という酵素が漏れ出てきているということです。

ちなみに、
正常値は40UI/L以下
です。

イメージ的には、
みかんを握りつぶすと果汁が出てきて、
その果汁が腕を伝って流れているような感じです。


みかん:肝臓
果汁:酵素
腕:血管


つまり、
ALT(GPT)は、ほとんど肝臓にしか存在していないので、
数値異常があるということは、
肝臓に問題がある


ということが判断できるということです。



僕のALT(GPT)の数値は100UI/L以上なので、
なにか肝臓に問題が起こっているという可能性がある
と考えられるのです。



AST(GOT)とは・・・?



AST(GOT)
とは、
肝臓以外にも心臓の筋肉や手足の筋肉にも存在する酵素です。


こちらも肝臓や筋肉が痛むことにより
血液中にAST(GOT)が流れ出すので、
数値が高くなります。

ただし、AST(GOT)は、肝臓以外にも、心臓や手足の筋肉にも存在する酵素のため、
一概に肝臓だけに病気があるとは、判断ができません。

ちなみに
正常値は40UI/L以下
です。


僕のALT(GOT)の数値は、
44IU/Lだったので、少し高めです。



ただし、肝臓に問題があれば、
ALT(GPT)もAST(GOT)の数値も高くなるので、
それらを加味しながら、判断をしていくみたいです。





簡単に選別すると
ALT(GPT)>AST(GOT)となれば、
脂肪肝や慢性肝炎を疑い


AST(GOT)>ALT(GPT)となれば
肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞などが疑われます。

つまり、AST(GOT)の数値が高い場合は、
肝臓の病気だけでなく、心臓などの病気の可能性も出てくるということです。

今回の僕の肝臓の数値から見ると
僕の場合は、ALT(GPT)>AST(GOT)なので、
脂肪肝や慢性肝炎の可能性が高いということです。


そして、もう一つ肝臓の数値で大切になるのが・・・




γ-GTPとは・・・?


γ-GTP
とは、肝臓、膵臓、胆管など主に内蔵に存在している酵素です。
このγ-GTPの数値は、
胆石などの際に、上がりやすい傾向にあるみたいです。

また、アルコールにも反応するので
γ-GTPの数値が高い場合、アルコールの飲み過ぎが原因の場合もあるということです。


ちなみに、正常値は、
男性で50IU/L以下
女性で32IU/L以下


です。


僕のγ-GTPの数値は
49IU/Lなので、本当に少しだけ正常値です。


これら以外にも、肝臓の数値を示すものはありますが、
メインとなるのが、このALT AST γ-GTPなので、
ほかの数値にあっては、割愛しています。


まとめ



と色々と説明してきましたが、
これらから判断すると、
僕の肝臓の数値が高い原因は、

脂肪肝や慢性肝炎

の可能性があるということです。

ですが、実際は、
病院でエコー検査などを受けてみないと
はっきりとした診断はできません。



肝臓は、沈黙の艦隊ではなく
沈黙の臓器
と言われています。


それは、外に現れてくる症状がほとんどないからです。

肝臓の症状が感じる頃には、
かなり肝臓のダメージが進んでいると言われます。


例えば、黄疸や全身の倦怠感などが現れるみたいです。


ですが、今のところ、
僕には、それらの症状はないので、
そこまで進行はしていない状態で
健康診断で肝臓の数値異常が発見されたのは、
ラッキーかもしれません。


ですが実際に、肝臓の数値が高いのは何が原因なのかを
突き止めるためには、検査を受けてみないことには
分かりません。



ただし、一言で精密検査を受けると言っても、
仕事の都合と病院での精密検査の予約が取れる日が合わなかったりで、
なかなか早期に精密検査を受けることは難しかったりします。



だから僕は、
とにかく少しでも肝臓の数値を下げるように
食事の量を減らしたり、
職場の先輩に紹介してもらったサプリを飲んだりして、
健康志向で精密検査を受けられる日が来るのを待ちました。


その時、僕が飲んでいたサプリはこちら

レバリズム

※後に、判明するのですが、
食事量を減らしたり、このサプリのおかげもあってか
僕の肝臓数値は下がっていました!


また、
このサプリを摂取してると
飲んだ次の日がめっちゃ快適でした。

だるさもなく、シャキーンって感じ。

ヘンにウコンの〇とか飲むより
全然効果あった。
ってか、肝臓の数値悪い時に飲むなよ
って感じですが(笑)


僕がたった6ヶ月で肝臓の数値を正常値に下げた方法についてはこちらを

肝臓の数値ALTの簡単な下げ方と肝臓が正常になったら痩せた話。


そして、やっと検査の日が来て
僕は精密検査を受けました。


その精密検査の結果についてはこちら

血液検査で肝臓の数値が高いって言われ検査した結果・・・


今回の肝臓の数値が高い原因については、
この先の結果や治療法などについても
このブログで紹介していきたいと思います。


同じように、肝臓の数値が高いと悩んでいる人は
ぜひ、検査を受けに行きましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_6387
  2. IMG_0127
  3. a1180_014816
  4. IMG_0452
  5. IMG_8514
  6. a1320_000157

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

tomoaba

トモです。


家族みんなで冒険しませんか?

⇒ 詳しいプロフィールはコチラ

おすすめ記事

夏はやっぱり水遊び!

ディズニーリゾート行くなら情報が命!

男なら黙ってプロテイン&筋トレ!

カブトムシ特集!

ゴールデンボンバーの記事はここだよ~

今年こそは奈良で紅葉がおすすめ

IMG_4064
↓  ↓  ↓
奈良の紅葉特集はこちら

USJ関連記事はここ!

IMG_2168
↓  ↓  ↓
USJに関する情報はこちら