蛍の見頃はいつ?奈良なら、この時期がおすすめ!

この記事は3分で読めます

せっかく、蛍観賞に、奈良まで行ったのに、
全然、蛍がいなかった・・・(;・∀・)


なんてことありませんか?


これは、奈良県の蛍だけに限らず、
どの地域の蛍もそうですが、
蛍には時期があります。

その時期を逃すと、
なかなか大量の蛍を観賞することはできません。
genzibotaru01

また、蛍もいろんな種類がいるって知ってましたか?
その蛍の種類によっても
活動時期が違うということも知っていますか?


今回は、
せっかく、蛍を奈良に見に行ったのに、
蛍観賞ができなかった・・・。
ってことがないように、

蛍の見頃は、奈良ならこの時期!


ですよっていうのを、教えちゃいますね。

スポンサードリンク

どんな蛍を見たいですか?



蛍観賞に奈良まで出かける前に、
まず大切なのは、どんな蛍を見たいのか?
ということです。

冒頭でも少し触れましたが、
蛍の種類によっては
活動時期が異なるので、
お目当ての蛍がいるのなら、
まずは、その蛍が最も活動する時期を知っておく必要があります。


蛍の種類で有名なのが
ゲンジボタルとヘイケボタルです。

蛍になっても、
源氏と平家は争うのですね(笑)


それでは、ちょっと、
ゲンジボタルとヘイケボタルについて説明しますね。



ゲンジボタルとは?



ゲンジボタルとは、
きれいな川に生息する大型の蛍です。
genzibotaru04

日本人が蛍と言うと、
ほとんどがゲンジボタルのことを指していると言うくらい
人気の蛍です。

ゲンジボタルが活発に行動するのは
5月下旬から6月下旬ころまで
です。

ちなみに、長野県の志賀高原では
10月から11月ころにも見られるそうですよ。

また、蛍がお尻を点滅させる速さは、
関西と関東を比べると、
関西の蛍の方が点滅する速度が速いみたいです。
これについては、理由は不明だそうですが、
蛍も関西だと、せっかちなんですね(笑)



ヘイケボタルとは?


ヘイケボタルは、池や田んぼに生息する
日本では、最も小型の蛍です。

ヘイケボタルの点滅は、
ゲンジボタルよりも早いらしいです。

ヘイケボタルが活発に活動するのは
6月中旬から7月下旬頃
です。



蛍を奈良で見るならおすすめの時期は?



さて、蛍の種類を説明したところで、
それでは、いよいよ!
蛍を奈良で鑑賞するならおすすめの時期を紹介しますね。


それは、
6月中旬から6月下旬にかけての時期が
奈良で蛍鑑賞をするなら最適

です。


何故?ですと。

それは、この6月中旬から6月下旬にかけての時期が
ゲンジボタルとヘイケボタルが一緒に鑑賞できるからです。


確かに、ゲンジボタルとヘイケボタルは
生息地が異なります。

ですが、奈良では、川のそばに田んぼがあるところが多いです。
ということは、
そういった川のそばに田んぼがあるスポットに行けば
ゲンジボタルとヘイケボタルが一緒に鑑賞できるんですよヽ(´▽`)/

ちなみに、奈良県でのおすすめの蛍の観賞スポットはこちらです。

じゃあ、その時期に、行けばいいのねヽ(´▽`)/

って、ちょっと待ってください!

蛍の鑑賞には時期も大切ですが、
それともうひとつ大切なことがあります!

それは・・・



蛍観賞に大事なもうひとつのこと



蛍観賞に行くなら、時期だけじゃなく
もうひとつ大切なこと。

それは、『時間帯』
です。

どれだけ、蛍観賞の時期だとしても
時間帯が悪ければ、ほとんど蛍を見つけることができません。

蛍が一番、活発に行動し、
綺麗に見れる時間帯は・・・


ズバリ!

午後8時から午後9時頃
です。
a0003_000049

これより、時間帯が早いと
まだ明るくて、蛍が活動していたとしても、
綺麗に見えません。

逆に、21時以降だと
蛍の活動が鈍くなります。

夜中に蛍を見に行っても、
ほとんど見ることなんてできないですよ~(;・∀・)



天候も大事かも



これは、噂なのですが、
蛍は雨上がりの後には、
あまり活動しないらしいです。

逆に、
昼に良く晴れた蒸し暑い日の夜の方が
蛍が活発に活動するらしい
ですよ。



蛍を観賞時の注意点



蛍を鑑賞する際は、
人工の光を持ち込まないようにしましょう。

懐中電灯や車のハザードを点灯させたりすると
蛍の繁殖活動の妨げとなるみたいです。

また、蛍を持って帰ったりしちゃダメですよ~ヽ(´▽`)/

そして、ゲンジボタルなどは、きれいな川でしか生息できません。
そのため、各自のゴミは必ず持って帰るようにしましょう~



まとめ


蛍を奈良で鑑賞するならおすすめの時期は
6月中旬から6月下旬
です。

そして、時間帯は午後8時から午後9時ころ
です。

あとは、蛍の出現スポットさえ押さえておけば
基本的には、
蛍を見に行ったのに、見られなかったなんてことはないと思います。
genzibotaru03

ちなみに、こちらが奈良県の有名な蛍のスポットです。



十津川 6月下旬から7月上旬
おすすめはこちらの
宇陀市室生龍穴神社付近
 
6月上旬から7月上旬⇒詳細はこちら
天川村 6月中旬から7月上旬⇒詳細はこちら
奈良市大柳生 6月中旬⇒詳細はこちら
東大寺の池周辺 6月⇒詳細はこちら


地域によって、
少しずつ蛍の時期が異なりますが、
こうして見ると、やはり
奈良県だと、どの地域も6月中旬から6月下旬にかけてが
主な蛍の時期
ということが分かりますね。

参考にして頂ければ、幸いです。
ぜひ、家族や子供達と
きれいな蛍を観賞してくださいね。

もう一度だけ言いますが、
蛍を奈良で観賞するならおすすめの時期は・・・

もう言わなくても分かっていますよねぇ(笑)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. a0003_000049
  2. IMG_0439
  3. a0024_000553
  4. IMG_0440
  5. genzibotaru03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

tomoaba

トモです。


家族みんなで冒険しませんか?

⇒ 詳しいプロフィールはコチラ

スポンサードリンク


夏はやっぱり水遊び!

ディズニーリゾート行くなら情報が命!

男なら黙ってプロテイン&筋トレ!

カブトムシ特集!

ゴールデンボンバーの記事はここだよ~

今年こそは奈良で紅葉がおすすめ

IMG_4064
↓  ↓  ↓
奈良の紅葉特集はこちら

USJ関連記事はここ!

IMG_2168
↓  ↓  ↓
USJに関する情報はこちら