知らないと危険!レッドビーシュリンプの水槽移動で注意するべき3つのこと!

この記事は4分で読めます

泳ぐダイヤと言われるレッドビーシュリンプ。
ペットショップやレッドビーシュリンプ専門店の水槽を眺め
欲しくなり、購入。


自宅に帰り、
すぐにレッドビーシュリンプを水槽に移動させて
早くレッドビーシュリンプが泳いでいるところを眺めたい。

その気持ちはよく分かります。


でも!
ちょっと待ってください!



そのまま、レッドビーシュリンプを水槽に移動しちゃうと
明日の朝には全滅しているかもしれませんΣ(゚д゚lll)


レッドビーシュリンプは繊細な生き物です。
水槽を移動させるだけでも全滅の危険があります。

せっかく購入したレッドビーシュリンプを
安全に水槽に移動させるには
知っておかなければならないことが少しばかりあります。

ということで、今回は

知らないと危険!
レッドビーシュリンプの水槽移動で注意すべきこと3つ


について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

水槽の温度は何度ですか?



レッドビーシュリンプを水槽に移動させる前に
まず、水槽の温度を確認してください。



レッドビーシュリンプの飼育に最適な水温は
25℃±1℃位
と言われています。

水温計はバッチリ24℃ですねヽ(*´∀`)ノ
IMG_7147


最低水温は15℃くらい
最高水温は28℃くらい
です。

水温が32℃にもなれば
暑さでバタバタと死んでいきます。

また、20℃くらいでも生存はしますが、
抱卵しない
と言われているので、
できるだけヒーターや扇風機・クーラーなどを利用して
最適水温25℃±1℃をキープしましょう。

水槽の温度がOKならそれでは
レッドビーシュリンプを水槽に移動させるために
次の工程に進んでいきましょう。




水温の温度合わせをしましょう



レッドビーシュリンプを水槽に移動させる前に
まずは、

温度合わせ
をします。

基本的に、
レッドビーシュリンプを購入した際は、
このようにビニールの袋に入れられていると思います。
IMG_7143


それをそのまま袋から出さずに
レッドビーシュリンプを移動させたい水槽に
浮かべます。
IMG_7144

時間にして30分~1時間くらいです。

注意点として、
照明(ライト)を付けていると、
ビニールの中の温度が上がってしまう恐れがあるので
ライトは消しておいてくださいね。
IMG_7145


水合わせをしましょう



水温が同じになれば、
さぁ、レッドビーシュリンプを水槽に移動・・・
では、ありません。

次に行うことは、水槽の水合わせ
です。

何度も言いますが、
レッドビーシュリンプはとても繊細な生き物です。

わずかな水の変化でも全滅の恐れがあります。

そのために、ビニール袋内の水と
移動させる水槽の水の成分を同じにしないといけません。


そのためには水合わせをする必要があります。
それでは、実際に水合わせをしていきましょう。

まず、レッドビーシュリンプをこのようなケースに移動させます。
IMG_7149

このケースは100均などで売っているフィギュアのショーケースです。


これは透明ですし、意外に便利ですよ。
IMG_7154

そして、
これをレッドビーシュリンプを最終的に移動させる水槽に浮かべます。



注意点として
ケースを浮かべるだけだと、傾いて
いつの間にかレッドビーシュリンプが勝手に水槽に移動している
なんてこともあるので、
ケースが転覆しないようにセロテープなどで水槽にくっつけておいてくださいね。
IMG_7156

また、ケースを床において水合わせすることも可能ですが、
水合わせが終わってからレッドビーシュリンプを水槽に移動させる前に
再度、温度合わせをしないといけなくなるので、
面倒くさいですよね。

でも、このように、水槽に浮かべて水合わせをすれば
水合わせが終われば、すぐに
レッドビーシュリンプを水槽に移動させることが可能になっちゃいますヽ(*´∀`)ノ



水合わせの方法


水合わせの方法
ですが、
このようなキットを使えば
すごく便利ですよ。

水合わせキットの詳細を確認する

僕は、自分が風邪などを引いて
病院で点滴を受けた際、
無理言って、これをもらってきました。
IMG_7150

そして、この容器?に
レッドビーシュリンプを移動させる水槽の水を入れて
点滴のように
レッドビーシュリンプが入ったケースに水を落とします。
IMG_7161


水滴を落とす速さは1秒間に1滴くらいです。

これだと、調節もできるし、
放っておいても大丈夫なのでですごい便利ですよ。



約1時間半~2時間くらいかけて
元の水の量の5倍~6倍くらいまで薄めれば、
水合わせは終わり

です。


水合わせの方法は、
水合わせのキットを使っても
僕のようなアイテムでもやり方は同じです。



こういったアイテムがない場合は、
少しずつ水槽の水をケースに入れていきましょう。

お猪口などで、オチョコ半分位の水をケースに入れて、
数分待って、を何度も繰り返します。


ちなみに、水合わせのホースだけのアイテムもありますが、
これだと、高低差が必要となってきますので、
水槽の設置場所によっては難しいので
できれば、先ほど紹介した水合わせキットのようなタイプが
オススメですよ。

それに、ホースだけの場合は、
また温度合わせもしないといけないので・・・。

安いんですけどねぇ~(;・∀・)

そして、水合わせは、
エアレーションをしながらするのが理想的です。
水を落とすだけだと、ケースの中の水が混ざりにくいので、
エアレーションをすることで
ケース内の水が循環するのでよく混ざります。

ちなみに、僕はエアレーションはせず、
こんな感じでゆっくりと混ぜてます。
IMG_7164



レッドビーシュリンプを水槽に移動



ここまでの行程が終了したら
それでは、お待ちかね!

レッドビーシュリンプを水槽に移動させましょう。
IMG_7183

IMG_7184
*水合わせの際に、水槽に浮かべて行っていない場合は、
再度、温度合わせを1時間半~2時間かけて行ってくださいね。



移動させたその日は、
ストレスなどで
悪食のレッドビーシュリンプも食事をとらないことが多いです。
IMG_7188

レッドビーシュリンプにとって
水槽の移動はそれほどストレスを感じる作業なのです。

なので、完璧にレッドビーシュリンプの水槽の移動が出来た!
と思っていても、レッドビーシュリンプが死んでしまうこともあります。


また、
それは水槽の移動が上手く出来ていなかったということではなく、
レッドビーシュリンプ個体そのものの問題であったりもします。

それに、
水質、ソイル、モスなど同じアイテムを使っているにも関わらず、
こちらの水槽では問題ないが、
あちらの水槽は全滅なんてこともあります。

それだけレッドビーシュリンプは本当に繊細な生き物なんですよね。
しつこい(笑)


まとめ



何度でも言いますが、
レッドビーシュリンプは本当に繊細な生き物です。

全滅のリスクを回避するためにも
レッドビーシュリンプを水槽に移動させる際には
時間をかけてゆっくりと水槽に移動させてあげてくださいね。
IMG_7190

レッドビーシュリンプ水槽に移動させるには

水槽の温度チェック
水温合わせ
水合わせ
*場合によっては、最後にもう一度温度合わせ



この3つを忘れずに
行ってくださいね。


レッドビーシュリンプが健康に育ち
たくさん繁殖していけば、
水槽も華やかになり
見ているだけで、すごく心穏やかにしてくれますよ。


ぜひ、レッドビーシュリンプライフを楽しんでくださいねヽ(*´∀`)ノ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_7300
  2. IMG_7131

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

tomoaba

トモです。


家族みんなで冒険しませんか?

⇒ 詳しいプロフィールはコチラ

スポンサードリンク


夏はやっぱり水遊び!

ディズニーリゾート行くなら情報が命!

男なら黙ってプロテイン&筋トレ!

カブトムシ特集!

ゴールデンボンバーの記事はここだよ~

今年こそは奈良で紅葉がおすすめ

IMG_4064
↓  ↓  ↓
奈良の紅葉特集はこちら

USJ関連記事はここ!

IMG_2168
↓  ↓  ↓
USJに関する情報はこちら