ソウルの地元民が通うディープなおすすめグルメをブログに書いてみた

この記事は7分で読めます

どうも、トモです。

先日、ソウルに旅行してきました。


で、自分で言うのもなんですが、
僕は基本グルメです(笑)

それもどちらかというと
観光客用のグルメではなく、
地元民が足しげく通うようなディープなグルメが大好き!


だって
観光客用のグルメって
なんかどこでも食べれそうで興味が引かないじゃないですか。


それよりも
地元民しか知らない、かつ、めっちゃ美味い!
そんなグルメをめっちゃ食べてみたい!


という事で今回のブログでは、
韓国はソウルのディープスポット
地元民しか知らないおすすめグルメを紹介します。





ソウル郊外にある地元民しか行かないグルメスポット


今回のブログで紹介するグルメ店は、
僕がお店でグルメを堪能していると
隣の席のソウルの地元民から
どうしてこんな店知ってたの?
と聞かれるくらいディープなグルメです。


それはソウル郊外にあるお店。

駅で言えば、
遁村洞駅周辺。


遁村洞駅はソウル地下鉄の5番ラインにある駅です。


なぜ僕がこんな穴場スポットを知っていたかというと
今回ソウルにはHISの格安ツアーで来たんだけど、
そのツアーのホテルがここだったんですよ。
ちなみに、
ホテルの名前がバリツーリストホテル。
ソウルなのに(笑)


まぁ、郊外も郊外。

ソウルの中心街に行くまで電車で30分~40分くらいかかるくらい
遠い場所にあるんですよ。


と、話はグルメに戻して、


ホテル周辺には、
市場があってそこがおすすめグルメスポットになってます。
IMG_4563



海産物やいろんな屋台が立ち並ぶグルメスポット



さすがソウル。
見たこともない食材がいっぱい並んでます。
IMG_4564


IMG_4565


IMG_4566


IMG_4567


タコ(;゚Д゚)
もちろん生きてます。
IMG_4699


これはなんだろ?
田ウナギ?アナゴ?
どちらにせよグロい(;’∀’)
IMG_4700


いろんなお店が立ち並ぶ市場。


そんな中、とある超絶いい匂いを漂わすお店を発見・

ほ、ホルモン!
IMG_4702


めっちゃ美味そうやないか!
しかも道端で焼いてるなんて。
IMG_4701



これこれ、こういったグルメを堪能したかったんだよ。
ってことで、さっそく店内へ。


店内は、日本人など一人もおらず、
ソウルの地元民のみ!
IMG_4704




め、メニューが韓国語すぎて読めないんですが・・・(;’∀’)
IMG_4703



店員さんらしきおばちゃんがやってくるも
全く英語も日本語も通じない。


身振り手振り、
しまいには、他のお客さんが食べてる皿を指さして
これが食べたいとジェスチャー。


OK、OKと笑顔になるおばちゃん。

ま、マジで通じてるんか?
と不安になる僕。


ドキドキしながら、
待ってると・・・


キムチを運んでくるおばちゃん。
IMG_4707


え?キムチなんて頼んでないよ。
焦る僕。


どうやら、韓国では
こういったキムチや野菜は全部無料で提供してくれるらしい。

す、素晴らしいサービスだね。


キムチめっちゃうめぇ~(;゚Д゚)
ディープなお店こそやっぱりうまいと思う。
グルメだと思う。


ちなみに、
緑色の野菜らしきものは、
ピーマンではなく、唐辛子。
かじると、めっちゃ辛かった
IMG_4708


白いのは、もちろんニンニク。


キムチを堪能していると、
おばちゃんが持ってきてくれた。


はい、ドーン!
IMG_4709


これ、これ、
おばちゃんこれよ、これ。
このディープなグルメが食べたかったのよ。


これはそのまま食べても良いし、
サンチェ?レタス?に巻いて
ミソ付けて食べると
そりゃ、超絶美味い。
IMG_4712


ニンニクたっぷり入れて食べるともっと美味い。


やばい、マジでヤバい。
息、めっちゃ臭いだろうなと思いつつも
ここは韓国ソウル。

なんとかなる。
いや、みんなニンニク臭いから全然ニンニクたっぷりで食える。


うおー超絶うめぇ~
IMG_4711


ちなみに
いまだになんて名前のグルメなのか分かんないけど(笑)


続いて2件目をブログに書く!



ボったくりなのか元々高いのか分からんグルメ


後輩が海鮮系が食いたいというので、
今度は、海鮮系のグルメ店へ。
IMG_4713


IMG_4714



あ、そうそう、
今更だけど、今回のソウルへの旅行は家族ではなく
後輩と来てます。もちろん男ですがw


店内はこんな感じで
もちろん日本人はいない。
IMG_4717


向かいの席では
ソウル女子が海鮮キムチ鍋で女子会中。


男二人で来てる僕たちは、
混ざりたいなとめっちゃ思ったw


隣の席のおっちゃんたちに、
よくこんな店知ってたな
って驚かれるくらい、日本人は来ないらしい。



てっきり僕は海鮮鍋を食べるものだと思っていたのだが、
後輩が張り切って注文に行くと、
IMG_4716



なぜか、
アワビとナマコの刺身がやってきた。
IMG_4730


これ喰いたかったんですよ~
と後輩。

ちなみに
ナマコの生きてる姿はこんなの。
IMG_4715



いや、お前、
外、気温何度か分かってる?
マイナス10度やで。

息するだけで喉の奥が痛くなるほど寒いんやで!



そんな中、刺身喰うか?

余計に寒くなるわ!
って突っ込んだりもしましたが、
とりあえず、
注文したものは仕方ない。

いただくことに。


韓国ではアワビの刺身は
ごま油と塩で食べるらしい。
IMG_4722


これも美味い。
刺身醤油とわさびも良いけど、
このごま油+塩もマジ美味かった。


ぷりっぷりのアワビ。
IMG_4721


まぁ、アワビは日本でも有名だけど、
ナマコは、グルメ界では有名な珍味。

あのグルメ漫画美味しんぼにも出ていたぐらい有名だから
さぞかし美味いんだろうとナマコの刺身食べてみた。

いや~グロいわ。
見た目、めっちゃグロいわ。
IMG_4724



味はね、
た、確かに不味くはないぞ。

だけど、
か、固い。めっちゃ固い。

なんだろ?なんて例えたらいいかな。
とにかく歯ごたえがしっかりある。

しかもお前、
確かに美味いけど、こんなにナマコ食べる?
ってくらい量あるけど、
何匹頼んだんよ?
ってちょっと笑えない。
IMG_4723


しかし、もっと笑えないことが起こった。


それは支払いの時。

いくらですか?
通じない英語と日本語。
身振り手振りで勘定を聞くと、
全部で
55000wだという。


日本円にして5000円~6000円くらい。


え?
アワビ2個とナマコ1匹しか食べてませんが(;゚Д゚)
キムチとわかめスープはサービスのはず。
IMG_4718

しかし、
日本語も英語も通じないので
これがボったくられているのか?
計算が間違っているだけなのか?
それとも
これが正規料金なのかは分かんない。


メニューはこんな感じなのだが、
如何せん、韓国語、全く分からない(;’∀’)
IMG_4719


まぁ仕方がないと支払いましたよ。



観光地の南大門でディープグルメを堪能


ちょっと場所を変えて
ソウルの南大門でも
ディープスポットグルメ探してみましたので
それもブログに書いときますね。


あったあった。
路地裏を歩きまくって探した
ディープグルメ。

日本人などほとんどいない。
地元の南大門で働いている従業員さんばかりが食べているグルメ。
IMG_4633


それがこれ。
ビビンパとうどん。


このあたりのお店、全部が同じメニューを提供。
IMG_4635


呼び込みがめっちゃ激しい。


喰ってけ、食ってけとおばちゃん必至。
IMG_4636


ハッキリ言って
衛生面上どうなの?
って思うくらい、店めっちゃ汚いんですけど(;’∀’)
IMG_4637


と悩む暇もなく、
おばちゃんに座らされ食べることに。


しかし、しかし、
出されたビビンパがめっちゃ美味い。
IMG_4640


米これだけ?
これが韓国本場のビビンパなの?
って思うくらい米が入ってなかったけど、
めっちゃ野菜たくさんで
最強に美味かった。


続いて
ビビンパセットについてる冷麺が。
IMG_4641

いや、だから、
外の気温何度だと思ってんの?
マイナス10℃やで!


だけど、
実は、韓国の人って
冷麺って冬にも食べるんだって。

それが普通、常識らしい。
IMG_4642


ただ、
この冷麺はちょっと甘くて
僕は苦手だった。


そして、これサービスよ!
ってことでうどんが来た。
IMG_4643


これね~、
うどんって言うよりは、
すいとんに近いかな。
IMG_4646



味は、うっすら塩味。
味があるかないか分かんないような感じ。


だけど、
食べてると、すっごい素朴で美味く感じてくる。

優しさ、暖かさが感じる
おばちゃんグルメって感じ。




ちなみに
明洞歩いていると
丸亀製麺所あったわ(笑)
IMG_4647



ソウルでディープグルメを堪能したいなら


ソウルでグルメを堪能したいなら
スマホは必須。

いや、正確にはネット環境が必要。



韓国って想像以上に
日本語も英語も通じない。


特に、ソウル郊外になると
全くと言っていいほど、日本語も英語も通じない。


あれだけ韓国って
受験、受験って競争が激しいって言ってるはずなのに、
若い人たちでさえ
ほとんど英語も日本語も通じない。


一体何を勉強してんだ?
って思いたくなるほど、
マジで英語も日本語も通じない(;’∀’)

ある意味これが一番驚いたし
ブログで書こうって思った(笑)


なので、
翻訳アプリが必要になる。
IMG_4799


これ、めちゃくちゃ便利で
使い方も超簡単!

日本語を入力すれば、すぐさま韓国語に変換してくれるし、
スピーカーのボタンを押すと
音声でも話してくれる。
IMG_4798


ソウル郊外のお店でも
このアプリがあれば全然会話ができる。



このアプリがあれば
アワビやナマコで6000円も払うことなかったのになと
絶賛後悔中。

まぁブログネタになったから
良いかと内心思ってるけどw





ソウル行くならポケットWIFIレンタルしておくべし!


ただ、
このアプリを使うためにはネット環境が必要。


ソウルはお店によってはWIFI使えるところもあるんだけど、
全てのお店で完備されているわけでもないし、
郊外のお店になればなるほど、
ディープな地元民が通うようなお店になればなるほど
WIFIなんてイカした環境なんてない。



だから、
韓国に、ソウルに行くなら
ポケットWIFIをレンタルして持って行く方が良い。




これは、グルメだけの問題じゃない。

観光するにしても
絶対に必要。


え?スマホって海外でも使えるはず?

確かに、
スマホは海外でも使えます。


だけど、
使用料金めっちゃ高いの知ってます?

ソフトバンクだと
韓国でネット使うと、1日2980円もかかるんですよ



1か月じゃないですよ!
たった1日ですよ(;゚Д゚)


ソウルに2泊3日で旅行したら
約1万円いるんですよ、ネット代だけで。


今回のソウルには、ツアーで2万円ほどで来てるんですけど・・・(;’∀’)

ネット代の方が高くつきそうだわ。
ってことになります。

笑えない。


だけど、
ポケットWIFIをレンタルしても
1日たった数百円でレンタルできます。


ポケットWIFIがあれば、
めちゃくちゃ便利です。


翻訳アプリを使えるだけでなく、
同行者と常に一緒にいる必要もなく
日本と同じように、
離れても、
『今、どこ~?』
とライン電話かければいいだけだし、
日本にいる家族と連絡も取れる。

お土産でこれとこれ迷ってるんだけど、
どっちがいい?
と聞くことも出来る。


頼まれていた商品がなくて
どうしよう?
悩まなくても
ラインで連絡して、無いけどどうする?
代わりだとこれになるけど、
これで良い?
ってすぐに連絡が取れる。


意外と、
このお土産とか頼まれ物が一番時間かかるし、
面倒ですよね。

だけど、
すぐに連絡取れれば、
無いって伝えれば
じゃあ良いよ、って言ってもらえると
もう探す必要なくなるので
旅行が快適に出来るようになる。



旅行雑誌やブログで調べていたグルメ店を
グーグルマップで探し、
ナビを使ってそのお店まで行くことができる。
今更、紙の地図なんて見方がよく分からんし(笑)



緊急に連絡を取ることも出来る。
メールが使える。
ネットが使えるので、スマホでソウルの情報をチェックできる。
ソウルの情報をブログなどから現地でリサーチできる。
韓国グルメを瞬時にインスタにアップできる
Twitter、FBが使える。
いいねがリアルタイムにもらえる。
ブログをソウルで書けるw
などなど良いことだらけ。


マジでポケットWIFIをレンタルしておいて良かった。


おすすめのポケットWIFIについてはこちら

海外行くなら!イモトのWiFi


ただ、
翻訳アプリのことは、
後で知ったから、ナマコのぼったくりは防げなかったけど・・・(;’∀’)


ということで、
ソウルに行くときは、絶対にポケットWIFIをレンタルしていくべし。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 20171222_150840
  2. 20171220_222901
  3. 20171222_184855
  4. 20171222_165550
  5. 20171222_162036
  6. 20171222_231511

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

tomoaba

トモです。


家族みんなで冒険しませんか?

⇒ 詳しいプロフィールはコチラ

おすすめ記事

夏はやっぱり水遊び!

ディズニーリゾート行くなら情報が命!

男なら黙ってプロテイン&筋トレ!

カブトムシ特集!

ゴールデンボンバーの記事はここだよ~

今年こそは奈良で紅葉がおすすめ

IMG_4064
↓  ↓  ↓
奈良の紅葉特集はこちら

USJ関連記事はここ!

IMG_2168
↓  ↓  ↓
USJに関する情報はこちら